キャッシングで延滞すると!!

キャッシングに限らず、お金を借りると必ず返済しなくてはいけません。
自分を信用してお金を貸してくれたのですから、必ず約束通りに返済を行わないといけません。
しかし、思いもかけない事情で約束までに返済できないこともあるでしょう。
万が一キャッシングの返済が遅れる、つまり延滞になった場合には、どのようなペナルティーがあるのでしょうか。

まずは、期日通りに返済できないという違約金(延滞利息)を支払う必要があります。
延滞利息は、通常の金利よりもはるかに高く、一般的には法律で定められている上限金利である「20.0%」と決められています。
この金利を返済日(約定日)に遅れた分、日割りで支払う必要があります。
最初のうちは数円単位かもしれませんが、あっというまに高額になってしまいます。

キャッシングの延滞は、個人信用情報に記録されます。
通常は2~3カ月の延滞になると、情報として記録されます。
この延滞情報は、一度記録されると、たとえ延滞を解消したとしても、数年間は保存されます。
過去の延滞実績が確認されると、新たな融資を受ける場合の審査に悪影響を与えることになります。
キャッシングの他、住宅ローンなどの目的型ローンや、クレジットカードの審査に合格することも難しくなるでしょう。
そうなると、以後の人生設計にも大きな影響を与えるかもしれません。

またキャッシングの場合には、延滞が発生すると、借入限度額の空き枠が残っていても、追加の借入を行うことができないように、会社側が処置を行います。
これを「新規貸越停止」と呼び、多くの先は「月越延滞」のケースで、処置を行っています。
「月越延滞」とは、例えば1月10日の返済日に返済が行われず、1月末になっても延滞が解消されない状態を指します。
「新規貸越停止」の処置が行われると、後は残高が0になるまで返済のみを続けていくことになります。

このようにキャッシングの延滞には、様々なペナルティーが科せられます。
借入を行う前にきちんとした返済計画を立てて、不足の事態が発生しても余裕で返済できるような借入を心がけましょう。
万が一返済できない状況になった場合には、放置するのではなく、できるだけ早い段階で会社担当者に相談を行い、何らかの対処を図ってもらうようにしましょう。

キャッシング即日融資の秘訣※お急ぎの方はコチラ!
消費者金融即日融資ガイド
即日キャッシングお急ぎの方
即日融資カードローン【即日審査・即日発行】
即日融資スピード|審査と融資が早いのはどこ?

収入証明不要は審査がないということではない

一時期、消費者金融のCMをテレビで全く見なくなった時期がありました。グレーゾーンという金利の取り過ぎが問題となり、過払いの告訴が最高裁で勝訴したことによって急速に過払い請求ということが続いたからでしょう。

消費者金融に対する世間の風当たりは非常に強いものとなりました。ようやく消費者金融のCMが元に戻りだしたのはつい数年前のことでしょう。

借り過ぎを防止する呼びかけや、計画性を持った利用の仕方を呼びかけながらのCMとなりました。そこから現在、消費者金融と銀行系カードローンは折り重なるように同じようなイメージでとらえられ客離れから脱しようと必死になっています。

そこで変わったことといえば収入証明が必要ないという文句が多くなっていることです。

これは賃金法に基づいて50万円以上の借り入れとなる場合には収入証明が必要になりますが、それ以下の場合には所得証明は必要ありませんよという触れ込みです。

ここで「お金借りる」には気を付けたいことがあります。

収入証明不要というのはキャッシング審査がなくなるということではありません。

法律にのっとって50万円未満の借り入れであれば収入証明が不要になるだけの話です。これまで通り審査があり、甘くなるものではありませんのでこの点は覚えておきましょう。

また、収入を証明する必要がないからといって虚偽の申告もいけません。のちに発覚してからのトラブルはおそらく自分で解決することが困難なほどのことになるでしょう。

金利ってなに?

キャッシングが全くの初めてであればまずは金利とはなんであるのかから始めなくてはなりません。消費者金融の公式ホームページを見ても、比較ランキングを見ても必ずあるのが金利です。
金利を比較することが最も重要、そのような風潮があります。実際には消費者金融の金利は比較することには大きな意味がありません。しかし金利が何であるのかを理解しておくことは重要なことです。

消費者金融によって金利ではなく借入利率や年率など呼び方に違いがあります。同じ金利を指しています。年間で借り入れ金額に対してどのくらいの利息がかかるのか、その割合を示した数字が金利になります。
わかりやすく借入利率と表記する消費者金融が多くなってきています。

元金は借入残高になりますが、これに対して金利があります。日割り計算の利息は金利、金額、期間で計算されています。実際の計算式はこちらです。

「日割り計算」
借入残高×金利÷年間日数

「借入期間の利息」
借入残高×金利÷年間日数×借り入れ期間

30万円をプロミスの上限金利17.8%で借り入れをしたときの一日の利息は146円ですが、単純計算でこの146円に借入期間を掛けるわけではありません。
実際には146.3円となりますのでこれに借入期間を掛けることになります。

消費者金融では金利に対する決まりがあります。
出資法と利息制限法がありそれら二つの法律で消費者金融を含めた貸金業の上限金利を取り決めています。
元金に応じて金利の上限は変わりますが最大でも20.0%までとなっておりそれ以上の金利を正規の消費者金融が設定することはありません。
・元金10万円未満の上限金利は20.0%
・元金10万円以上100万円未満の上限金利は18.0%
・元金100万円以上の上限金利は15.0%
設定してもよいとして決められている上限の金利があります。
正規の消費者金融であればこれ以上の金利が設定されることはありません。

それでは消費者金融にある金利の違いを見てみましょう。

・プロミス 4.5~17.8%
・ノーローン 4.9~18.0%
・モビット 4.8~18.0%
・アコム 4.7~18.0%
・アイフル 4.5~18.0%

この時に金利のどこを比較すればいいのかをご存知でしょうか。下限は見る必要がありません、上限金利だけに注目をしましょう。銀行では融資限度額によって金利が変わりますが、消費者金融は違います。
大きな限度額を設定されるときには金利が低くなるとは言われているものの、初めての申し込みで融資限度額が高く設定されることはほぼありません。
そのため消費者金融の金利は上限が適用されるとして考えなくてはなりません。

そうなるとどうでしょうか。
消費者金融の金利は18.0%が上限金利として、お金を借りることが一律になっていることがわかります。
唯一低い金利となっているのはプロミスで17.8%です。大手消費者金融ばかりを挙げてみましたが、中小消費者金融や地方消費者金融では上限金利は20.0%に設定されることが多くなります。
例えば静岡を中心にしているスルガ銀行が提供するダイレクトワン、ここでは上限金利が20.0%です。

低いとはいっても他社との違いはわずかに0.2%になりますのでプロミスの金利が格段に低いのかといえばそうではありません。
むしろ気にするほどの違いではないというのが正直なところです。
ただしこれが20.0%となれば2%の開きが出てきてしまいますので高いというしかないでしょう。
一般的な消費者金融に比べると大手消費者金融は上限金利が2%ほど低い、そう覚えておきましょう。

低金利のプロミス!とあちらこちらの個人サイトでは紹介されていますが実際には気にする違いではないということです。
過剰な広告に流されることのないようにしなくてはなりません。
金利とはなんであるのかをよく理解し、そしてどのようにして金利が設定されるのか、何のためにあるのかを十分に把握しておきましょう。