キャッシング審査と他社の借入の状況の関係性とは?

初めてキャッシングを利用する方、既に数社から借入を行っている方。
申込を行う方は、様々な状況の方がいらっしゃいます。
ここでは、後者の方に対するキャッシングの審査について考えてみましょう。

既に複数の会社からキャッシングで借入を行っている方は、どうしても審査基準が厳しくなります。
その分返済負担が大きいと判断されるためです。
場合によっては「お金に困っているのでは?」という見方をされるかもしれません。

このような傾向は、特に「銀行系」のキャッシングに見られます。
いわゆる「多重債務」を嫌う傾向にありますので、審査に合格することが難しいかもしれません。

その他の、消費者金融系や信販系のキャッシングにおいてもやはり厳しい見方をされます。
特に「総量規制」の制度下にあるこれらのキャッシングでは、年収の3分の1を越える貸出が禁止されています。
この規準を越える借入申込は、まず審査に合格することはできません。

借入総額は、現在残高ではなく、与信額(借入限度額)ベースで判断されることにも注意です。
たとえ全く利用していない商品があったとしても、借入限度額が残っている以上、いつでも借入を行うことができるためです。
必要のない商品は解約するなどして、常日頃から整理しておくようにしましょう。

他社の借入では、返済状況も大きな意味を持ちます。
既に他社の返済が遅れている状況で、新たに借入してもきちんと返済できるわけがありません。
たとえうっかり返済を忘れている場合でも、その分信用の無い方であると判断されてしまいます。
このようなことのないように、返済はきちんと行うように心がけましょう。

関連記事